チェア・ベンチ

10人 十椅子 椅子の選びかた


今回は、椅子選びで比べたい3つのポイントを紹介したいと思います。

府中家具の館では、豊富なダイニングチェアをはじめ個性的なチェアをたくさん取り扱っています。椅子の写真と併せて、ぜひお気に入りの一脚を見つけてください。


面の種類


座面には大きく分けて、「木」「布」「革」の3種類があります。


座面 木製

【 木 】

木そのものを使うため、布や革と比べて経年劣化によるへたりがありません。少し硬い座り心地も癖になるかも。

座面 布

【 布 】

しっかりクッションが効くので、長時間座ってもお尻が痛くなりにくいです。選べる色もバリエーション豊かです。

座面 レザー

【革】

布と比べて素材が丈夫なので、長期間の使用にも耐えることができます。手軽な合成皮革と本革に分かれます。

それぞれに良さはありますが、例えばお子さまの居るご家庭であれば汚れがふき取りやすい合成革や表面をカバーで包むタイプのチェア、座布団付きのチェアを選ぶのがお勧めです。

当店で取り扱いのある座布団サイズのギャッベも、汚れたら外して洗うことができます。

ギャッベは色々なデザインがあるので、気分によって雰囲気を変えられるのも魅力です。

手織りのふわふわした優しい座り心地なのもお勧めポイント。


掛けの有無


ひじ掛けがあるかどうかで、チェアの雰囲気はずいぶんと変わります。

肘掛けない チェア

ひじ掛け なし

肘掛けコンパクト チェア

ひじ掛け コンパクト

肘掛けフルサイズ チェア

ひじ掛け フルサイズ



『ひじ掛けあり』

肘掛けがないとスッキリしたデザインとなり、テーブル周りがシンプルにまとまります。レストランなどで使われている椅子も肘掛けのないタイプは多く、肘掛けが無いことで感じる不便さは特にないと思えます。




『ひじ掛けなし』

肘掛けがあるとつい使ってしまうのも事実です。ゆったり肘を預けながら椅子に座るのは、ちょっとした贅沢ですよね。肘掛けはデザインのアクセントにもなるので、用途以外の面からも選ぶことができます。

肘掛けがある分重量も増えるので、取り回しは少しだけ重くなることは気を付けてください。


り心地


座面や素材、肘掛けに加えてデザインでも座り心地は大きく違います。

また、座る人の体格ごとに快適さも変わってしまいます。

だからこそ、椅子選びはぜひ一度座り比べをお勧めしています。



当店には一枚板をはじめ数百点のダイニングテーブルをご用意しており、それに併せてチェアも豊富にそろえております。

ぜひ、一度府中家具の館で10人 十椅子のチェア選びにお越しください。


1 2 3 NEXT